個別ポケモンの育成・対策を考えていきます。
今回はファイアローです。

663
タイプ
1
2
ほのお
ひこう
特性
1
2
ほのおのからだ
なし
はやてのつばさ
種族値
HP
攻撃
防御
特攻
特防
素早
78
81

71

74
69
126

第六世代の序盤鳥ポケモンです。
素早さが非常に高い以外は軒並み低いのですが、夢特性で新特性のはやてのつばさが非常に強力です。
はやてのつばさ飛行技を優先度+1で出せるという効果で威力120のブレイバードを先制で使うことができます。素の素早さが126もあるので先制技同士の撃ち合いになってもほぼ確実に先制できます。
ブレイブバード以外にもはねやすめやつばめがえしといった技も先制で使うことができます。
羽休めが先制で使えるため、どうみても耐久型向けの種族値でもないにもかかわらず耐久型も存在しています。

ファイアロー育成例

663
ファイアロー@こだわりハチマキ

性格:意地っ張り 特性:はやてのつばさ
ステータス(努力値):153-146(252)-92(4)-×-89-178(252)

技:ブレイブバード/フレアドライブ/ねごと/とんぼがえり

個人的には一番強いと思っている鉢巻型
全ての型にいえることですがHPが偶数だとステルスロック2回でやられてしまうのでHPは奇数にしましょう。
HPの個体値が31の場合、余りの4をHPに振ってしまうと偶数になってしまいます。

663
ファイアロー@いのちのたま

性格:陽気 特性:はやてのつばさ
ステータス(努力値):153-133(252)-92(4)-×-89-195(252)

技:ブレイブバード/フレアドライブ/おいかぜ/ちょうはつ

こだわらないタイプ
追い風や挑発によるサポートをやりつつ戦います。

663
ファイアロー@ゴツゴツメット

性格:陽気 特性:はやてのつばさ
ステータス(努力値):171(140)-101-123(252)-×-89-177(116)

S・・・最速108族(テラキオン等)抜き
HB・・・火傷込みテラキオンの岩雪崩確定耐え(77.1%~91.2%)

技:ブレイブバード/おにび/はねやすめ/ちょうはつ*¹

*¹選択肢 ビルドアップ

少なからずいる鬼火撒き型ファイアロー
物理アタッカーを対面から鬼火→羽休め連打で倒すことを狙います。
いかんせん種族値が低く後出しとかはできないですがネタにできない程度に強いです。
ビルドアップや剣の舞で全抜きを狙うのも有りですね。

その他の型

意地っ張りで珠を持っていたり陽気で鉢巻を持っていたりするくらいで特に変な型はいない印象です。

ファイアロー対策

飛行技・炎技を半減できるポケモンが対策になります。
具体的にはバンギラスウォッシュロトムヒードランが挙げられます。

補正ありA252拘り鉢巻ブレイブバードはかなり威力が高く、他の攻撃だとプレートを持ったA252ガブリアスの逆鱗と同じくらいとなっています。
そのため、半減できても低耐久のポケモンだと強引に突破されてしまうので注意しましょう。

主力技のブレイブバード・フレアドライブが両方とも反動技かつ接触技なのでゴツゴツメットや鮫肌で強引に削ることも対策になります。
具体的にはゴツメクレセリアガブリアスですね。
ステルスロックが4倍になるポケモンなので、ステルスロックをあらかじめ撒いておけるといいです。

神速は優先度+2なのでファイアローを先制攻撃することができます。
カイリューメガルカリオが主な神速の使い手です。

まぁ一番大事なのはパーティー内での飛行技の一貫性(交代しても居座っても両方とも等倍以上で技が通ること)を消すことです。
パーティーに少なくとも1匹、できれば3匹くらいは飛行を半減にできるポケモンをいれたいところです。

ファイアローの遺伝と経路

飛行グループ
♂:♀=1:1
孵化3840歩

よこどり・・・ズバット(BW2教え)ヤミカラス(BW2教え)
追い風・・・シンボラー(Lv11)オンバット(Lv35)等
ファストガード・・・アーケン(Lv25)

レベル55まで上げれば追い風は自力で覚えるものの、レベル50で止めておいた方がステータス比較をする時に便利なので遺伝させておくといいです。

夢ファイアロー系統の入手方法

フレンドサファリ(炎・飛行)