レート1700を目指して~ポケモン対戦初心者支援XY

暫くはポケモンXYに関する確定した情報を載せていきます。

さかさバトル

スペシャルレートシーズンⅣ考察その2~キャラランク

毎シーズンルールが変わるスペシャルレートについて考察します。

スペシャルレートシーズンⅣ考察その1~さかさバトルの基礎

さかさタイプ相性表

キャラランク

今回はキャラランクを作ってみました。
特に強いポケモン及び要注意なポケモンだけ抜粋しましたが他にも強いポケモンはいるはず
基本的に攻撃面ではノーマルとドラゴンと草タイプが強く防御タイプ面ではノーマルとドラゴンと氷が強い
鋼やフェアリーは微妙
その他乾燥肌・貰い火・貯水・蓄電・避雷針・防弾持ちは全員マークしておきましょう。

ランクの内訳

S・・・環境の中心、基本こちら側のポケモンが1体は持っていかれる。
A+・・・要対策、対策が薄いとPTが壊滅、PTに入りやすいポケモン
A・・・要対策、ただしPTには入りづらかったり特定の条件で弱かったり運ゲーに弱かったりするポケモン
B・・・要注意、S~Aの特定のポケモンに強いポケモンが主

2014/6/9ver
sp4

以下簡単に解説

Sランク

(メガ)ガルーラ・・・いうまでもなくこのルールで最強のポケモンで対策は必須、クレベースを意識して冷凍ビームを持たせるといいかもしれない。

ラティオス・・・元々ドラゴンが強いルールな上ふいうちを半減できることで一躍環境トップに帰ってきたポケモン
第五世代をやっていなかった人は特に意識して対策するべきポケモン
眼鏡流星群とラティオスに与えられるダメージの計算はしっかり行っておこう。

キノガッサ・・・このルールで強い草アタッカーに加え普段のレートでも強いキノコの胞子、このルールの高速アタッカーは大抵格闘弱点なためマッハパンチも強い。珠を持たせるとラティオスも確定1にできる。草の通りが非常にいいのでスカーフも強い。

A+ランク

(メガ)フーディン・・・S150族で最速時実数値222と非常に速いポケモン、S実数値147以下ではスカーフを持たせても抜けないので注意
使う場合も使われる場合もトレースのタイミングには注意
特性がトレースになるので親子愛をトレースされてしまうとメガガルーラもシャドーボールで高乱数1

Aランク

クレベース・・・このルールで最もメガガルーラに強いであろうポケモン、大抵の物理はなんとかできる。メインウエポンはゴツメと毒

ポリゴン2・・・このルールのノーマルは非常に倒しづらい、ただ低火力なので積めばなんとかなることも多い。

ラッキー・・・小さくなる型が害悪、ただでさえ倒しづらいのに弱点のないさかさでは駄目な時はどうしようもないだろう。グロパン恩返しを始め積めばなんとかなることも多い

Bランク

ガラガラ・ドサイドン・サンダース・・・電気無効の皆さん、ガラガラドサイドンの避雷針は忘れがち

ミルタンク・バッフロン・ヌメルゴン・・・草無効の皆さん

ブリガロン・・・特性「ぼうだん」は忘れがち、防弾で無効化出来る技は以下

アイスボール・アシッドボム・ウェザーボール・エナジーボール・エレキボール・ オクタンほう・かえんだん・がんせきほう・きあいだまジャイロボールシャドーボールタネマシンガンタネばくだん・タマゴばくだん・たまなげ・でんじほう・どろばくだん・はどうだんヘドロばくだん・マグネットボム・ミストボール

タネマシンガンを無効化、元々草タイプなので胞子無効で防御も高いことからブリガロンはキノガッサに非常に強い


続きを読む

スペシャルレートシーズンⅣ考察その1~さかさバトルの基礎

毎シーズンルールが変わるスペシャルレートについて考察します。

シーズン4スペシャルレート概要

PGL:シーズン4スペシャルレートについて

シーズン期間:2013/5/13~2014/7/15 4:59
対戦ルール:シングルバトル
使用可能ポケモン:禁止伝説以外の全てのポケモン

レンリタウン上の施設で体験できるさかさバトルがシーズン4のスペシャルとして採用されるようです。
大まかにいうとタイプ相性の全てが逆になるシングルバトルです。⇒さかさタイプ相性表
注意点は以下の2点

・無効は抜群になる

半減は抜群、抜群は半減となります。
無効は抜群となります。

例としてゲンガー(ゴースト・毒)を考えてみましょう。
ゲンガーに格闘技を撃った場合、通常だとゴーストで格闘が無効となるのでダメージは0倍、つまり0となるわけですが、さかさの場合ゴーストで2倍毒で2倍となるので4倍となります。
ゲンガーにエスパー技を撃った場合、通常だとゴーストは等倍毒は2倍なのでダメージは2倍ですが、
さかさの場合ゴーストは等倍毒は1/2倍となるので1/2倍となります。

・特性による半減無効はそのまま

タイプ相性は逆さとなりますが特性はそのままとなります。
乾燥肌・貰い火・貯水・蓄電・避雷針・厚い脂肪等ですね。
不思議な守りは効果はそのままですがヌケニンの相性が逆になるので草・地・毒・虫・ノーマル・格闘以外の攻撃は通らなくなります。

この2点によりルールの特徴として以下のようなことが考えられると思います。

1.相手の攻撃を受けることが難しいので高火力先制技持ちや高速高火力ポケモンが強い
2.無効特性を持っているポケモンは強い
3.ノーマルタイプの攻撃は半減以下にされないのでノーマルタイプは強い

まず1でいうとファイアローや(眼鏡)ラティオスですね。
ラティオスはふいうちを半減できますしドラゴン技がドラゴン以外で半減されないため第五世代のような活躍が期待できるのではないでしょうか

特定のタイプを無効半減にする特性を持っているポケモンも通常のシングルに比べよく使われると思います。
ただしノーマルやドラゴンを半減できる特性がないため、特別強くなるというよりあくまでも微妙な強化といった感じになりそうです。

最後が一番重要
ノーマルタイプの攻撃が一切半減できなくなります。
そのため今でも猛威をふるっているメガガルーラを始め、ラッキー、ポリゴン2といった辺りのノーマルポケモンはかなり強くなると思います。
他にドラゴンもドラゴン以外では半減されなくなるため通常のシングルより強くなりそうです。

次回はキャラランクを作って要注意ポケモンを考えていきます。 

スペシャルレートシーズンⅣ考察その2~キャラランク
スポンサード リンク
記事検索
タグクラウド
忍者アナライズ
  • ライブドアブログ
▲ページトップ▲